白く美しく

治療室へ案内

歯が白く美しいということは、顔の印象までも変えるものです。歯を美しくする技術はホワイトニングといいますが、ミョウバンなどを使うことからその技術が開発され始めました。

Read more

失われた歯を埋める

カルテを見る

歯は二回しか人生の内に生えてこないものであり、このため欠けた歯を埋めるための方法が模索されてきました。入れ歯や差し歯よりも、今はインプラントが失った歯を作る方法として用いられています。

Read more
歯の診察を受ける子供

保険や費用を知る

歯が痛い男性

インプラントは自由診療となるので、医療費は全て利用者が出すことになります。このため、費用も高額となるので、利用するときは費用や保険で控除される方法について知っておくと良いです。

Read more

費用を抑える方法

歯磨きをする

費用を安い値段で抑えることは、サービスを利用する消費者側が目指す当然の金銭感覚といえます。インプラントは高額な治療費が必要ですが、クリニックや最新治療を用いる方法によって安くする方法があります。

Read more

子供の頃からの治療

歯磨きをする

子供の内は体の組織が柔らかく、矯正歯科がしやすい時期です。このため、歯並びが悪ければ大人ではなく子供の頃から矯正を行った方が良いといえます。今は矯正の方法も多くなっており、施術も受けやすいです。

Read more

白くする願い

きれいな歯

 ホワイトニングには、ホワイトニングの薬剤を使って歯を白くする方法と、人工の歯を使う方法とがあります。人工の歯を使う方法は、元からある自分の歯を痛めやすいので、あまりおすすめできる方法ではありません。一般的に行われている方法は、歯を白くする薬剤を使う方法です。  薬剤を使う方法は、3種類に分けることができます。  一つめは、ホームホワイトニングと呼ばれているものです。これは、自分で薬剤をマウスピースに入れて自宅ではめて使用する方法です。少し時間はかかりますが、色の後戻りが少ないことが特徴です。  二つめは、オフィスホワイトニングと呼ばれているものです。これは、歯科へ数回通い器具なども使用して行う方法です。短期間で歯は白くなりますが、色の後戻りが起こりやすいとう特徴があります。  三つめは、デュアルホワイトニングと呼ばれているものです。先に述べた二つの方法をどちらも取り入れた方法です。最短期間で白くなりますが、費用がかなりかかります。

 近頃は、患者さんの希望がない限り、歯科ではホームホワイトニングを勧められます。ホームホワイトニングには良い点がいくつもあり、使用しやすいので勧める歯科が増えています。  この方法は、他の方法よりも歯が白くなるまでには時間がかかりますが、遅くても2週間後くらいには必ず効果が出てきます。自分の求めている歯の白さまで、使用し続けることができるので納得のいくまで、根気よく治療が進められます。長くても、半年から1年くらいの使用ですので、色の後戻りがしにくということも踏まえると、他の方法ではできない、ホームホワイトニングの良い点と言えます。他には、歯科へ通う必要がないので気楽にできるということや、他の方法に比べると、費用が安くおさえられるということがメリットです。